ミドリノカンヅメ
ミドリのダイスキがギュっと詰まった カンヅメみたいなブログです☆


プロフィール


ミドリ

Author:ミドリ
ライブ
チクチク
ボードがスキ
たまに企画もする
11/20生まれのB型で
ミドリ色がスキそんな子デス。



メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:


メッセージや、受注はこちらからどうぞ☆ 個人情報は大切にお預かりいたします。 お気軽にメールくださーい!

最近の記事




最近のコメント




プーペガール


ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」



つなビィ h.f-m




YUKIちゃん




カテゴリー




リンク



このブログをリンクに追加する

メロメロパーク




月別アーカイブ




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.07.09  犬と私の10の約束 <<19:39




犬と私の10の約束を観ました。
やっぱり、こういう動物を使った映画は苦手・・・
ソックスのひた向きさ、人間の身勝手
動物を飼う事は人間を育てるように大変で責任を負わなければならない。
途中で「ソックスの為に私はたくさん我慢した」と、あかりが言ってたけど
それは、犬を飼う時にわかっていたこと。

私には、犬を飼うのは今は難しいな・・・と思った。

犬を飼う前に見せたい映画デス。

・・・あらすじ・・・
ある日、函館で暮らす少女、あかりのもとに一匹の子犬がやって来る。母は彼女に犬を飼う際には犬と「10の約束」をしなければならないと言う。彼女は子犬のソックスと10の約束を交わし、一緒に暮らし始めるが……

201108
スポンサーサイト


No.409 / CINEMA / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.08  イニシエーション・ラブ <<02:56





イニシエーション・ラブを読みました。
友達から、「最後は絶対見てはいけない!」と言われ
最後のページを見たくて仕方ない!!と思いつつ我慢して読み切りました。

うん。本当に最後のページは読んではいけない。
読んでしまうと面白さが半減いやもっと減る。

もう一回最初にもどって伏線を回収しながら読んで、やっと読み終わる一冊でした。
乾くるみさんの本は初めて読んだけど、ほかも読んでみたいな。

・・・あらすじ・・・
大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり、夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。マユのために東京の大企業を蹴って地元静岡の会社に就職したたっくん。ところがいきなり東京勤務を命じられてしまう。週末だけの長距離恋愛になってしまい、いつしかふたりに隙間が生じていって…。

20110829


No.407 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.07  どこにもない短篇集 <<01:24




原田宗典のどこにもない短篇集を読みました。

ちょっと謎と嫌な後味を残しつつ、次の話に移る。
その連続にわくわくして、一旦読みとめるのに時間がかかってしまった本でした。
どれも、「世にも・・・」に出てきそうなテイスト!
おもしろかったぁ~!!!

2010.12

No.398 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.06  ひたすら奇妙にこわい話 <<13:37




阿刀田高選のひたすら奇妙にこわい話を読みました。
正直創作もあるんだろうなぁと思いながら、リアリティーがある短編が面白かったー!

No.397 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.05  ルームメイト <<13:15



今邑彩のルームメイトを読みました。
私にもルームメイトがいるんだけど…もし、あの子がだったら…と思うとほんと恐怖!

バッドエンドも用意してくれるなんて気がきいてます!!!
久しぶりに新しい人開拓したなぁ~!と読み終わって満足!ミドリ好みのホラーミステリーでした。

No.395 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.04  朱い旅 <<13:24



阿刀田高の朱い旅を読みました。

難しい…と読みながら思ったけど、話の内容は簡単。
ある出来事をきっかけに、亡くなった父は自分の父じゃなかったのか?
それをアンフィトリオンになぞらえて考え進めていく。

それをもう、難しくなぞらえて書いてるんだけどね・・・
読むの疲れたー・・・
阿刀田さんは短編のがやっぱ面白いと思うんだよね。

No.396 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.03  マリモ <<13:06



山崎マキコのマリモを読みました。

前に読んだためらいもイエスの時に
山崎マキコはぶっとんだ文章を書くって書かれてるわりには、そうかなぁ?と思ってたんだけど。
マリモは結構ぶっとび系かな
絶対にこんな女友達にしたくなーい!と思った。
坂上くんが良い人すぎる…

No.394 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.02  〇ο。ブルー・ハネムーン。ο〇 <<10:36




ブルー・ハネムーンを読みました。
篠田節子ってこんなん書く人だっけ??

おもしろかったんだけど、ご都合主義系のお話でした。
久美子のまっすぐな性格も、修の石橋叩き過ぎて壊しそうなほど慎重な性格も
登場人物はすごく好きだったんだけどなぁ・・・

・・・あらすじ・・・
小麦色の肌、スラリとした長身、大きなバストを誇る野性的美人、姉小路久美子。彼女の職業は結婚詐欺師! コンピューター会社の御曹司、関畑青年を相手に、お屋敷を一軒借りて三千万円奪取の秘策を練るが…。波乱万丈、奇想天外なサスペンス・ミステリー。

No.393 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

2009.07.01  〇ο。娼年。ο〇 <<12:11




石田衣良の娼年を読みました。

20歳のリョウくんがコールボーイとして働くそんな話。
始めは、ただ退屈しのぎだったんのにだんだんコールボーイとして成長し
少年から青年になっていく

最近、ほんとに活字にのめりこむように読み進めてしまって
これなんて、寝る前にちょっと読むつもりが
最後まで読んでました・・・。

最後の解説が姫野カオルコさんだったんですけど
的確に解説してて、この人の書く本も読んでみたいなーと思わせてくれました。

コールボーイとしてなんて・・・と読みながら始めは思ってたけど
最後にはしっかりリョウ側に立ってて、リョウの返事に安心してしまいました。
それにしても、アズマの小指の描写がリアルで胸がギューってなりました・・・

・・・あらすじ・・・
恋愛にも大学生活にも退屈していたリョウ、二十歳。だが、彼のバイト先にあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく・・・



No.392 / BOOK / Comment*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。